中性脂肪に効く薬

中性脂肪に効く薬

中性脂肪対策としてよく処方される薬には、「ニコチン酸製剤」と「クロフィブラート系製剤」という2つのタイプがあります。

 

こういった薬は、中性脂肪を下げるというものではなく、中性脂肪の値が上昇した結果に起きる現象である動脈硬化を防ぐという効果があります。ですので、中性脂肪の上昇によるいろいろな病気を防いでいくことができます。

 

ですが逆に、血糖値が上昇する場合がありますので、体質によっては使用ができません。かかりつけの医療機関で、総合的な健康のチェックをしてもらってから、処方してもらうようにしましょう。

 

また、身体の乾燥やほてりなどの症状が現れる場合がありますので、服薬中になにか異常が起こった場合は、すぐに医師に診察してもらうようにしましょう。医薬品ですので、体質に合う場合と合わない場合があります。

 

中性脂肪の数値そのものを減少させるには、やはり中性脂肪の燃焼を助ける効果のあるDHAやEPAを含む青魚を中心とした食生活に変え、運動をして中性脂肪を消費していくというのが、直接的で効果的であるといえます。生活習慣の改善が、中性脂肪対策の一番の薬といえるかもしれませんね。

 

中性脂肪対策としてすすめられる生活習慣を取り入れると、中性脂肪以外にも、総合的な健康を手に入れることができます。現在、中性脂肪の数値が気になっているという方は、ぜひ医療機関による指導を受けられてみてはいかがでしょうか。

 

こちらにコレステロール下げるサプリを紹介していまうすので、どうぞ参考にしてください。