ツボを刺激して首コリを改善する

ツボを刺激して首コリを改善する

人間の首というのは、普段から頭を支えている部位になっています。頭というのは、3s〜5sほどとなっていますから、いくら肩や首の筋肉があるとはいえ、筋肉が疲労してしまい、首コリになってしまいやすいです。

 

さらに日本人というのは、欧米の人たちと比べると体が小さな人が多いのですが、頭は結構大きいという傾向があります。ですから、なおさら首コリになりやすい人種となっているのです。

 

その首コリは、ツボを刺激することによって改善していくことも可能です。首コリを改善していくことができるツボとして、完骨、風池、天柱が代表的です。これはリウマチにも効くと評判ですね(リウマチについてはこちらhttp://xn--gck4a9ayf6a8df1734m2xzb.com/)。

 

この3つのツボは、首の後ろ部分にありますから、刺激しやすいでしょう。生え際にいずれのツボもありますから、内側から外側へと押すように刺激を与えるようにすることで、首のコリを和らげてくれやすくなります。ですが、首にしか首コリにいいツボがないというわけではありません。

 

例えば、首のコリに対していいとされているツボは足にもあるのです。例えば、首にある脊椎に対していいとされているツボが、足の親指の付け根にあります。お風呂の中で足の指の付け根を刺激させることで、脊椎の周辺の血流が改善されて、首コリを改善しやすくしていくことも可能です。

 

首のコリをそのままにしてしまっていると、頭痛や腰痛、目の疲れ、肩こりなどの症状を誘発してしまうこともありますから、首のコリを感じたら、ツボを普段から刺激するようにしてみてください。