内臓脂肪は男性の方が多い

内臓脂肪は男性の方が多い

内臓脂肪は様々な病気の元凶といって過言ではありませんが、そんな内臓脂肪は男女で比較した場合、男性のほうが多いという特徴を持っています。

 

これは、男性の身体のほうが女性の身体よりも、筋肉の割合が1割近く多いからだといわれています。そのため男性のほうが女性よりも筋肉を消費する際に使われる内臓脂肪が体内で溜め込みやすいという研究結果がなされています。

 

また内臓脂肪の増加は、男性ホルモンも大きく関係しており、筋肉を増やすだけではなく、同時に内臓脂肪も増やす働きも持っているのです。

 

メタボ体系と呼ばれる人には男性が非常におおいのもそのためだとされています。さらに内臓脂肪はメタボ体型の大きな原因となっているのです。

 

内臓脂肪は身体にとっては大事なものでもありますが、体内で過剰に蓄積されると今度は逆に身体にとっては大きな害となってしまうのです。健康のためにはタウリンやオルニチンなどを補給しておく必要があります。こちらのタウリンサプリのサイトを参考にしてください。

 

運動によって消費されやすい内臓脂肪ですが、落ちやすい半面、溜まりやすいといった性質も持ち合わせています。ですからよく食べる割に運動しないという男性は、特に内臓脂肪が溜まる危険性を持っているといってもいいかもしれません。

 

男性女性問わず太りやすい体質というものは実際にありますが、内臓脂肪の溜まりやすさは、男女を比較するとやはり男性のほうがリスクが高いので、食べ過ぎと運動不足が気になる男性は、特に注意する必要があります。

 

内臓脂肪の増加が気になる人は、自宅で体脂肪計を使って測定するのもいいでしょうし、一度病院に行って詳しく検査を受けて、自分の体内の状態を知るのもいいかと思います。

 

健康な毎日を送るためには、様々な病気を引き起こす内臓脂肪については早めの対策を取るようにするのがいいでしょう。